なぜビルゲイツ氏は外国語を何も知らない自分は本当に愚かだと感じたのか?

こちらのニュースをご存知でしょうか?

私にとって意外でしたが、世界一の大富豪も私たちと同じような身近(?)なことで後悔しているのですね。

 

ニューヨーク(CNNMoney) 米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏(59)が28日、「外国語を何も知らない自分は本当に愚かだと感じる」と発言した。

ゲイツ氏は同日、ソーシャルサイト「レディット」のチャットに登場。「高校でラテン語とギリシャ語を履修してA評価を取り、語彙の助けにはなっているはず。それでもフランス語かアラビア語か中国語ができたらと思う」と打ち明けた。

さらに「このうち1つでも学ぶ時間が欲しいといつも思っている。多分フランス語かな、一番簡単だから」と述べ、「マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック最高経営責任者=CEO)が中国語を学んで中国の学生の質問に答えたのはすごいことだと思う」と称賛している。

ザッカーバーグ氏は北京を訪問した際に大学生の質問に中国語で答え、堪能ぶりを披露していた。

一方、ゲイツ氏の中国訪問では、習近平国家主席との会談でも、ウォーレン・バフェット氏と北京のアイスクリーム店に立ち寄った時も、英語しか話せなかった。

ゲイツ氏は8000億ドル(約9兆円)近い資産を持つ世界一の富豪。2008年にマイクロソフトの経営の一線を退き、昨年には会長職からも退任した。時間はたっぷりあるはずだ。CNNより

 

なぜビルゲイツ氏は外国語を何も知らない自分は本当に愚かだと感じたのか

ビルゲイツ氏がどうして外国語を全くできない自分を愚かだと思うのか、それは記事には記載されていませんでした。

記事から推測するに、ビルゲイツ氏は外国語をできない自分に負い目を感じているのではないかと思います。

 

これは私自身の体験ですが、私が英語を話せなかった頃は海外旅行先、留学生との会話などは英語ぺらぺらの友達に頼りっきりでした。

 

「あの人なんて言っているの?」

「こう言いたいんだけど伝えてくれる?」

 

こんなセリフを吐く自分がとても情けなく感じました。

 

仲の良い友達が私の知らない言葉(英語)で外国人と会話している。

 

私は英語を流暢に話す友達の姿を見て、自分の無力さや友達への尊敬の念など、何とも言えない劣等感や寂しさを感じたことを覚えています。

 

 

ビルゲイツ氏はザッカ―バーグ氏が北京語で現地の学生の質問に答えている姿を見て、どんな感情を抱いたのでしょうか。

 

同じビジネスマンとしての尊敬もあれば、ビルゲイツ氏自身がまだ外国語を話せないことの焦りや劣等感などもあるかもしれません。

 

合理主義で知られるビルゲイツ氏ならば外国語習得に時間を割くくらいなら通訳を雇った方が早い、と言いそうです。余談ですが、ホリエモンこと堀江貴文氏はそのような考えでした。

 

ビルゲイツ氏がどのような心境で外国語を全くできない自分を愚かだと思うと語ったのか、その真意は分かりませんが、感情的な理由でそう語ったのではないかと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加