英語の語彙を増やすコツ③~覚えた英単語を忘れにくくする記憶定着方法

 

語彙を増やすの関連記事:
英語の語彙を増やすコツ①~すぐ忘れるのは〇〇がないから
英語の語彙を増やすコツ②~語彙の即効性と遅行性

 

前回の記事 語彙の即効性と遅行性のおさらい

前回の記事では、一口に語彙と言っても即効性と遅行性の2つに分類されることをお伝えしました。

 

それぞれの性質は

語彙の即効性:すぐ使える・勉強の成果を実感できる語彙

語彙の遅行性:なかなか出番がないけど、後々役に立つ語彙

ということでしたね。

 

即効性のある語彙は、明日にでも仕事で使うような英単語だったり、1カ月後の海外旅行など近い未来に使う予定のある英単語です。 遅行性のある英単語は日常英会話のように知識としてストックしておくと、とっさのときに役立つ英単語です。

 

そして、どちらの語彙も大切でバランス良く身に付けていく事が大切ということでした。

 

今回は、覚えた単語を忘れない様に記憶に定着させるための方法についてお伝えしようと思います。

 

 

覚えた英単語を忘れにくくする記憶定着方法2つ

英単語に限らず言えることですが、反復練習こそが最強の記憶定着方法です。

反復してインプット・アウトプットする情報は「脳が必要な情報だ」と判断するからです。

 

例えば、実家・自宅の電話番号や住所、自分の名前などを忘れる人は珍しいですよね。

こういった情報は引っ越しやネットの申し込み、宅急便など至るところで繰り返し使う情報なので自然と覚えることができます。

 

他には、靴ひもを蝶結びにすることに子どもの頃は苦労した経験があるのではないでしょうか?

今では無意識でできる様になっていると思いますが、それは靴を履くなかで何度も繰り返し蝶結びをやっていたからですよね。

 

このように何度も繰り返し使う情報は自然と覚えることができる様になっています。

その発想を語彙を増やすのにも使えばいいのです。

 

具体的には、次の2つの方法が挙げられます。

1.期間を決めてインプット・アウトプットする

2.紐付けする

 

1.期間を決めて繰り返す

反復練習する事が記憶定着には重要なのですが、毎日毎日同じ単語を読み書きして暗記しても記憶定着につながりません。忘れた頃に確認の意味を込めて繰り返すと効果が上がります。

 

まず、何か英単語やフレーズを覚えたら、最初の内は翌日に復習をしましょう。「もう覚えた」と思ったら3日、5日後、1週間後、2週間後と徐々に間を空けていきます。

これは何をしているかと言うと短期記憶から長期記憶へ移行させるためにやっています。

 

人間の脳は初めに記憶した情報を短期記憶といって脳の海馬に1週間から2週間ほど一時保管します。一時保管した情報のうち、脳が必要だと判断した情報を大脳新皮質へ伝達し長期記憶として保存するのです。

 

なので、毎日毎日反復するよりも、間を空けて反復することで、脳が「この情報は必要だ」と判断するようになります。

 

 

2.紐付けする

英単語1つずつ単純暗記するよりも例文と一緒に覚えると使い方も覚えられて効率的です。

 

例えば「sense:意味、道理、理屈」という覚え方でもよいですが、

 

That makes a lot of sense.

で、「それはもっともだ」と覚えた方がより生きた使い方を覚えられます。

 

動詞など単語1つで複数の意味がある場合は例文が沢山過ぎて、覚えるのが負担になることが多々あります。

全部やろうと力まずに気に入った例文や「へぇ~」と思った例文だけに絞って無理なく続けられるようにしてみて下さい。

 

 

反復練習は遅行性の語彙をメインに行う

反復練習の対象は遅行性・即効性の語彙、どちらなのかというと遅行性の語彙です。

覚えたその場で使うような即効性の語彙は実生活で自然と反復練習できるので記憶が自然と定着していきます。

 

逆に遅行性の語彙は、英会話学習をしていても実生活でなかなか出番が少ないベンチウォーマーのような英単語です。ですので、記憶の彼方に消え去っていかない様に自身の反復練習で積極的に登場させ長期記憶になるように脳に働きかけることをお勧めします。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加