英語の語彙を増やすコツ①~すぐ忘れるのは〇〇がないから

 

「お勧めの英単語帳は有りますか?」「語彙を効率良く増やす方法はありますか?」と聞かれることがあるのですが、語彙を増やすためにはちょっとコツがあります。

 

ただし、このコツは万能ではなく英語を実際に話すために必要な単語の覚え方のコツです。受験やTOEICや英検のような試験を合格するための語彙の増やし方ではないので予めお伝えしておきます。

 

 

自分と関係ない英単語は忘れやすい

「記憶力が悪いから単語を覚えてもすぐ忘れてしまいます・・・」と自身の記憶力を残念がる人がいますが、語彙が増やせないのは記憶力の問題では無いと思います。

 

人間はそもそも興味ない事・必要のない事・使わない事はどんどん忘れていきます。

言い換えると自分に関係ない事は覚えられません。

 

手元の単語帳をめくってみた時に、忘れやすい単語は、興味ない・必要ない・使わないのいずれかに当てはまるのではないでしょうか?

 

車を運転する人が運転の仕方やマナーを覚えているのは通勤・移動に必要だからですし、弁護士が難しい法律に詳しいのは仕事で使っているからですよね。

 

英単語も一緒です。

覚えた単語を忘れてしまうのは自分には関係ないからなのです。

 

 

英単語帳に載っている単語=自分に必要な英単語ではない

市販の英単語帳を私も受験生の頃には利用していましたが、受験を終えて英語を使わなくなってからほぼ全て忘れてしまいました。今までの苦労は何だったんだろうと虚しさを覚えるくらい覚えた英単語の数々は忘却の彼方へ消え去っていきました。

 

Z会の速読英単語を必修編から上級編、さらにDUOまでコンプリートしましたがすべて忘れました。

 

私が英語からしばらく離れていたのも理由として挙げられますが、市販の英単語帳は受験やTOEICなど点数を取る為の必須英単語なので、日常で使われもしない難易度の高い単語も含まれているのです。

 

あなたの手元にある英単語帳には「英語を話せるようになる」ために必要な単語が含まれていないことが多々あります。

英単語帳を何度も繰り返し練習しても覚えられない人は、そもそも必要のない単語を覚えようとしているかもしれません。

 

 

英単語帳の単語すべてを覚えなくてもいい

〇〇英単語1000語、4000語などとんでもない単語数を収載した単語帳が売られていますが、実践的な英会話を身に付けたい場合は必要ありません。それは国語辞典を丸々覚えようとするようなものだからです。

 

単語帳に1000語、2000語掲載されていたとしても、実際には使う事のない単語も沢山含まれています。

なぜ実用性の少ない単語が載っているのか分かりませんが、なぜか載っているのです。不思議ですよね。

 

今後使うかどうかも分からないような英単語を覚えようとするのは賢い勉強方法とは言えません。

それなら明日使うような単語を1つでも覚えた方が身になりますよね。

 

使うかどうか分らない単語を覚えるのは教養のレベルであり、それは今後十分に養っていくことができます。

 

 

次回から語彙を増やすためのコツを紹介していこうと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加